デスピサロ行動パターン解析・攻略


デスピサロ 第1形態
HP:2000 2回行動
・通常攻撃 ・痛恨の一撃
メダパニが有効
通常攻撃だけなので、スクルトを数回かける。
なるべくダメージを喰らわずに次の形態へ。
後半に備えてMPを温存しておくこと。
デスピサロ 第2形態 (右腕がなくなった状態)
HP:1600 1回行動
・通常攻撃 ・痛恨の一撃
デスピサロ 第3形態 (両腕がなくなった状態)
HP:1600 2回行動
・通常攻撃 ・スクルト ・ザキ ・ベギラマ ・ヒャダルコ ・あまいいき
相手がスクルトを使ってくるのでルカニで応戦。
ルカニがなければ攻撃魔法を使うのもひとつの手段。
回復にはけんじゃの石を使うと良い。
1人が毎ターンけんじゃの石を使い続ければ
残りの3人は、攻撃に集中できる。
デスピサロ 第4形態 (頭なし緑に変色)
HP:1800 1〜2回行動
・通常攻撃 ・めいそう ・激しい炎 ・いてつくはどう ・高熱のガス
めいそう→激しい炎→いてつくはどう→攻撃→激しい炎→高熱のガス
というパターンで行動する。
めいそうを使ってくるので厄介。集中的に攻撃。
息攻撃への防御対策としてはフバーハが効果的。
できれば常にかかっている状態を心がける。
デスピサロ 第5形態 (両腕が生える)
HP:1600 2回行動
・通常攻撃 ・激しい炎 ・高熱のガス
MPを無駄に使いすぎないこと。
なくなってきた場合は回復しておく。
ここもフバーハがあればダメージを防げる。
デスピサロ 第6形態 (両足が生える)
HP:1700 2回行動
・通常攻撃 ・激しい炎 ・高熱のガス
次の形態があることを忘れず地道に攻撃する。
同じくフバーハ有効。最終形態に備えておく。
デスピサロ 第7(最終)形態 (頭が生えて音楽が変わる)
HP:2100 1〜2回行動
・攻撃 ・いてつく波動 ・輝く息 ・激しい炎
戦闘開始前に必ずマホカンタを唱える。
補助魔法をやると、次の行動の時に必ずいてつく波動を使用してくる。
最も強力な形態。
いてつく波動を唱えてくるので、補助魔法は無効。
回復役を増やし常にすぐ回復できるようにしておく。
マホカンタがきれれば強力な呪文を使うと良い。
防御なども有効に使って安全にじっくり戦うこと。


[ 戻る ]